ふと、気が付いたこと。

  • 2015/04/30(木) 18:34:03

今日の記事は根拠や検証結果を伴って書いてるわけじゃなく、僕の自論、いや、簡単に言うと思った事、感想みたいなもんです。全くもって何の結果も出てませんのであしからず


14年ブリード、15年ブリードが交差する忙しい時期に差し掛かりました。GWは暦通りに休みがあるのでセットを組んで投入準備をしておきます。


タイトルの意味は14年ブリードは最後の温度管理やズボラな性格が災いしてかなりの数の♂を暴れさせてしまいました。早めに気が付いた個体はストックの菌糸に入れましたがやはり落ち着きがなくなかなか蛹室を作ってくれなくてやきもきします。後半は余裕ぶっこいてたストックの菌糸ビンがなくなりマットを詰めての対応としましたがこちらの方がすんなり蛹室が作れていそうです。来年の暴れ対策はマットだな。2月に入ったらマット詰めとこ(笑)



で、その暴れ個体を交換するわけですよね。当然スケールに乗せてダイエットした個体を見てテンションが下がって・・・・それは置いといて、なぜかあまり体重の減ってない個体(3本目交換時より1割以下)がいるんですよ。我が家でも数頭いました。


逆に大幅に減ってるのもいました34g台→27g台とか・・・・


そこで思ったのが良く使われる還元率(体重の割に羽化サイズがデカい、小さいってやつです)にこの差は影響するのかな?



もちろん、暴れだしてからすぐに交換したのや見逃して放置してたなんて差もあるので一概にどうなのよ、とは言えませんが。


暴れた個体はそれも含めどういったサイズで羽化してくるのか、通常3本返しの個体と何か違いがあるのか興味あります。羽化後の計測を無理矢理楽しむために考えてみました。



もっとも、暴れさせないと3本目以降体重なんて測れませんけどね(笑)

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)