あぁ・・・・やっぱりか、と16年度飼育ライン。

  • 2016/06/27(月) 14:54:38

樹液採集やらマツノさんにオアシス取りに行ったりと虫ライフは非常に充実しております。


しかし、土曜の樹液採集は焦りました。車がぬかるみに嵌ってタイヤが空転しまくって、挙句の果てに横転するんじゃないかって位に車傾くし!何とか相棒と力ずくで脱出して無事帰還できました。詳しくは相棒のこの記事に書いてあります。


さて、産卵セットに投入し♀を抜いて3週間、菌糸も準備できたのでそろそろ割り出し時期です。16年度の使用菌糸は2種類、オアシスとLV-GSPです。



産卵セットも♀を抜いてから全然見てなくて、早速確認するとセットした8ライン全てケース底に幼虫が見えとりあえずスカはないので安心。




ですが、セット期間を例年より短めにしておいたんですけど、クマモンさんカワラ材から粉が噴き出てて若干イヤな気配が・・・・・・・・・・




とりあえず割り出さないといけないので考えても仕方ないから開始。




あぁ、やっぱり(笑)案の定、不安的中、出るわ出るわの大爆産。画像撮ってるヒマもないほどポロポロ零れ落ちてくる。3ライン割って100頭以上、すでに予定の倍以上。1ラインあたり15頭体勢と飼育総数は決めてあるので採れ過ぎた分は全部割り出してから考えます。



しかし、クマモンさんカワラ材恐るべしです。♀2週間弱で抜いたんだけどそれでも長かったか。産ませる数のコントロールも難しいなぁ。



と、言うことでとりあえず16年度飼育ライン及び組み合わせは以下のようになります。♂があっちこっちいってますが1♂2♀の計8ライン。

16年度ライン表



後は謎?の幼虫が15頭ほど里子で来ております。以上。




16-16だけは縁起物としてマツノさんから幼虫買っとくかな(笑)

スポンサーサイト

樹上のバトル。

  • 2016/06/14(火) 10:48:55

6/10 PM8:00

相棒セーケンさん鬼豚ちゃん親分と3人で樹液採集に。


朝晩は非常に快適だけど日が昇るにつれて気温は容赦なく上がり、暑さも半端じゃなく汗が全身から噴き出る。


AM5:00

地図と樹液樹を確認しつつ下草を突破しながら歩いていく。やはりこの地は素晴らしい自然が残っており、期待できるような気がする。


しかし、どこもかしこもヒラタ、ヒラタ、ヒラタのオンパレードで確かに60ミリ以上の良型もいるが・・・・・『ヒラタめちゃおるけど本命はやっぱり難しいねぇ、でも2度あることは3度あるし、先週の勢いで頑張ろうぜ~!』と3人で話す。

20166117

20166116
ヒラタと格闘中の画像。汚いお尻、ゴメンナサイ(笑)


何ポイント目か分からないけど、午前が終わろうとしていた。3人とも睡眠不足も手伝い、疲労がかなり蓄積し、僕は木登りも果敢に挑戦しているので腕、内ももの筋肉も乳酸でパンパンになりつつあった。


AM11:30

そんな中、小高い丘に登り、親分と休憩していたところ少し離れた場所から相棒の声がする。
『オオクワ~~!!』


駆け寄ってみるとそこには見事な輝きとオーラを放ったとてつもなく立派な大歯の新成虫♂を手にし、満面の笑みを浮かべた相棒がいた。3人で狂喜乱舞し、まさかの2週連続の出来事に驚いた。そして採集家としての相棒の実力を再確認した。やっぱ俺の採集の師匠や。

20166111
後日測定68.5ミリ。


相棒が脇腹を痛めていることもあり、その樹の中腹にある捲れとその上にもう一つある捲れの2か所を確認しようとなり、僕が登る。


1つ目
『ライトを照らすと、大型のドルクス♀とその奥に♂が・・・・・まさか?』奥に逃げないよう慎重に掻き出し棒で進路をロックし、取り出しにかかる。♀を最優先に捕獲したかったので♀に集中し、しばらく格闘し無事捕獲。


が・・・・・・ヒラタのデカ♀



2つ目
もう少し登り、2つ目の捲れに到着。樹液の酸っぱい臭いが鼻を刺激する。左側を確認すると、そこには何も気配がない。続いて体勢を入れ替え右側を確認すると・・・・・
『いる、大型ドルクスの♂が!!ヒラタか??』ライトのズームを変えて照らすと、100%よく見えないが先ほどまで沢山採集したヒラタの2次元のアゴとは明らかに違うシンプルかつ立体的な3Dのアゴが見える!!


『おる、おる、おる、たぶんオオクワ!!オオクワ!!』と心拍数が急上昇し、汗だくになりながら叫ぶ。一旦、体勢を立て直し、装備をしっかり持って絶対に負けれないバトル開始。

20166112


両ももで滑り落ちないように樹を挟み、左右に掻き出し棒かライト、場合によっては口でライトを咥える体勢でめちゃくちゃシンドイ。顔から垂れるのが涎なのか汗なのか分からん。


まず奥の形状を確かめ、逃げられたら終わりなのか?そうじゃないのかを確認する。見た感じ、縦長ではあるが奥はそこまで深そうじゃない。


とりあえず、ファーストコンタクトをとる。回り込むように掻き出し棒を入れる。この時点で全貌が明らかになり100%オオクワだと分かった。後ずさりし、奥の狭いところに逃げようとする。縦長の洞は思いのほかヤツに自由な動きを与えてしまい、上へ下へと掻き出し棒をかいくぐるかのように移動し、手ごわい。


ここまで追い込んだら絶対に絶対に逃すわけにはいかん。下で待ってる2人の為、俺もへっぽこ採集家として意地がある。


自分では1時間以上格闘していた様に感じたが、実際のところ15分ほど格闘し、根競べの末ヤツが根負けし、無事引きずり出した。見守ってくれていた2人に樹の上から笑顔で『相棒、親分、やったぜ~~!』と報告。

20166113
手に持ってるのが確認できるかと。

53ミリ大歯、先ほどの相棒の採集した個体に比べると迫力はないが採集を初めて3年、記念すべき初の樹液採集オオクワは別格のオーラを持っていた。これが材割りでないワイルド成虫か・・・・・

20166118


樹から降りて、3人で再び喜びを爆発させ、個体を見ながら、最高のバトルに暫し酔いしれた。記事を書いている今も思い出すと興奮する。


♀の追加に期待するも叶わずにタイムアップ。そして大満足の成果がこちら。

20166115

20166119


広島軍団とのオフ会に向かうために汗と泥だらけの採集着を脱ぎ捨て車で移動。オフ会の詳細と親分との観光はまた後日かな(笑)

ウソだろ~!!

  • 2016/06/08(水) 09:54:29

先週土曜4日、所用を済ませ向かう先は親分の販売会。短パン、Tシャツで行くと結構寒い。人の賑わいもあまりなく売れ行きもよろしくないと親分が嘆く。早々に店じまいとなった。



僕も夜はヒマしてたので『どっかドライブデートがてら樹液の臭いでも嗅ぎに行きますか??』と、ノリで相棒も誘うことに。



横で缶チューハイをグビグビやり、エヅク絶好調の親分を乗せ相棒と合流し、腹ごしらえをしていざ出発。




1時間ちょい車で移動して今日の虫はコクワかな?ノコはまだいないかな?ヒラタおるといいね~!カブトもまだ早いか?なんて会話しながら準備して林道を歩いて行く。



身軽になった僕なんですが体が軽く、木登りが怖くないんですよ。むしろ面白くなってる(笑)


まぁそのコクワはいた、もちろん。ヒラタも良型の♂を洞から引きずり出した。

6/4①

6/4②

6/4③

で、オオクワが採れちゃったんです。相棒がヒラタと格闘してて、無事捕獲できたのはいいけど梯子から手渡すときに落としてしまったんです。3人で草むらをかき分け、ずいぶんと探してやっとの思いで見つけさて次行こうかってなった時に・・・・なんか凄くデカい虫がひっくり返って死んだふりしてるのが目に入った!?



思わず『ちょ、なんじゃ?こりゃ?』と叫び、3人のハンディライトで照らしたその先には『マジで~~!!オオクワじゃねぇか~~!!ウッソ~~!!』

6/4④

6/4⑤

6/4⑥



相棒曰く、樹液を吸っていてライトの光や梯子をかける際の我々の気配を感じ、落ちて逃走を図ろうとしたんだろうと。良くクヌギをキックするとびっくりして落ちてくるイメージ。



まさかの大歯のオオクワに出会え、オッサンたちは狂喜乱舞しました(笑)ノギスをあてると68ミリ、ブリード個体だと60ミリ台なんて出ないけどとてつもなく大きく見えました。もうそれこそ90ミリでもあるんじゃないかって位に。90ミリ見たことないけど(笑)



詳しくは相棒セーケンさんのこの記事親分のこの記事を見てください。



今週末の遠征&広島軍団オフ会に出かけるいい弾みになったなぁ。

6/4⑦



※お盆まで毎月第一、第三土日にて
愛知県大府市げんきの郷にて販売会開催中。
ご興味のある方は是非足を運んでみて下さい。

初令発見。

  • 2016/06/01(水) 16:11:37

久留米の事じゃないです。久留米は目下、クマモン印カワラ材を齧り倒しておりますので予定数はまず大丈夫でしょう。週明けには♀を抜き、月末には1本目投入です。


さて、話は変わって僕の第2メインの飼育主ヒぺリオンSSPですが、第一世代の別系統の♂がいまして、その♂と第2世代の早期に羽化してきた♀の成熟を待って、先月初めにセット組んでいたのですがケース底に初令が無事見えました。


成虫もオオクワと共にヤフオクで数ペア販売させてもらって、無事落札して頂きありがとうございます。取引で『ブログ見てますよ~!』なんて言って頂けると嬉しいですね。照れます(笑)


で、このヒぺリオンSSPですがコツはだいたい分かりました。成熟期間と温度帯、良質な微粒子マットに水分多めですね。ペアリングはアゴ縛りした方が事故は格段に減ります。要はヒラタ系です。


来週は菌糸(初使用ブランド)も届くし、広島軍団とのオフ会もあるし、忙しくなりそうです。