やっと後食した。

  • 2014/11/28(金) 09:23:31

3本目への交換が皆さん景気良くて我が家もついていきたいんですがどうでしょう


12月頭から3本目の菌糸を詰め始め年明けから徐々に交換を開始していきます。最終ステージへの対策(と、言うほど大した事ない)もやるだけの事はやります後はだな(笑)


さてさて、我が家の外産種ヒぺリオンSSP、現状で成虫が♂1匹、♀6匹、幼虫で♂1匹(暴れまくり)となっております。


その♂(8月初旬羽化)がやっとこさゼリーを食いだしました。一足先に羽化している♀はすでにガンガンゼリーを食っているので♂待ちだったんですよね。

ヒぺリオンSSP11/27

どう愛くるしいフォルムでしょ(笑)羽化当初かなりお尻が出てたんですが無事引っ込み完品です。サイズは54㎜。


もう少しだけ♂の成熟を待って動きがしっかりしてからペアリングです。

スポンサーサイト

遠征、宴会、採集(えっ、そっちなんか!?)

  • 2014/11/25(火) 15:53:08

11/22(土)

日付けが金曜から土曜に変わりAM1:30


dapさん★ねぶ☆ちゃんと合流し、セーケンさん宅へ行きそのまま高速に乗りこみ一路西へ車を走らせた


今回の目的は僕がdapさんとサラサラ会してる時に広島に採集歴20年達人『かっしー』さんという方がいるという話になり一度、勉強させて貰いたいので何とか採集に同行させてほしいといったことから始まり、じゃあ広島で忘年会も兼ねて遠征採集にしますか、となった訳です。


広島メンバー白三さん、たちうさん、かんかんさん、KITERETUさん、雨女さん)とのオフ会忘年会の様子は白三さんの記事にてイジられて書いてありますからそちらを見て下さい。
如何せん僕はほとんど記憶がございません(笑)ホテルにどうやって帰ってきたかも覚えてませんので・・・・・・ただ、大王白三さんとのエ○話は覚えてんだよな~~(笑)


さてさて、時間はAM6:00待ち合わせ場所につきそれぞれ戦闘服に着替え、かっしーさんを待つ。無事に合流し早速ポイントへ車を走らせた。


第一ポイントへ到着。ここからが驚きと今までの概念が打ち砕かれまくりのスタート!!


普段の僕らなら必ず100%左側に突入していくんですが、こっちですよと100%見向きもしない方へかっしーさんが行くじゃないですか。。一同、顔を見合わせ『えっ、そっちなの??』


もうね、僕の目なんざ節穴も節穴、採集のさの字も知らないですわ(笑)


とりあえず2日間の採集を解説とダイジェスト版画像で。詳しい採集の様子は★かぶ☆さんセーケンさんのブログにてご覧ください。


11/22、23⑤
カワラ材、キノコの生え方と割る時期なんかをレクチャーしてもらいました。

11/22、23⑥
同じくカワラ材の中身。朽ち方と匂いをレクチャーしてもらいました。

11/22、23⑧
この材にはいなかったけどオオであろう産卵痕。

11/22、23⑦
ヒラタ♂新成虫。

11/22、23⑨
ヒラタ幼虫。

11/22、23⑩

11/22、23⑫
冬眠中のサンショウウオ(笑)

11/22、23⑪

11/22、23⑬
大ゴキブリかと思ったけけど・・・・・オオクワ♀でした!!まだかなり赤みが残ってたので秋口の羽化と予想。

11/22、23⑭
絶対にコクワではありえない大きさの♂のお尻。

11/22、23⑮
その主はオオクワ♂新成虫。

11/22、23⑯
先程の♀。

11/22、23⑰
同じ材からワイルドペア。

11/22、23①
お披露目(かっしーさん曰く激レア産地)。

11/22、23⑱
食痕と蛹室。

と、凄く濃い採集になりましたよ。成果はもちろんですがかっしーさんから教えてもらった事が今後の採集で経験値アップに繋がることは間違いないです。

それぐらい知識と経験豊富(桁違い)な採集達人で惜しげもなく色々と教えていただき感激です。しかも、めちゃオモロイ



で、僕が持ち帰ってきたのがコレ
11/22、23④
ワイルドオオクワ♀の蛹室とその周りの食痕の走った朽木。

11/22、23③
真ん中の黒い部分にひっくり返って♀が休眠してました。

11/22、23②
大きさ比較。

これは乾燥させてブリ部屋のオブジェにします。木彫りの工芸品みたいでいいっしょ


そんなこんなで楽しい強行スケジュールの2日間も終わってみればアッという間。


広島の皆さん、本当に色々とありがとうございました。楽しすぎて風邪ひきましたうん、今度は記憶を取り戻しにいかないかんな~(笑)

紅葉狩り。

  • 2014/11/18(火) 11:35:47

11/15(土)

ひろさんと二人でシーズン1発目のハイキングをしてきました。

夜の部に開催されていた熱い関西のオフ会に参加できずに残念だったな。

いや~秋の山歩きはいいですね~~木々も綺麗に色付き最高の紅葉狩りでした。久しぶりにいい汗かきました。

11/15④




すれ違う同じ?ハイキングしてる方たちとの挨拶も爽やかに(笑)


まぁ、冗談はおいといて相変わらずの厳しさ。そんなホイホイ採れるわけないですしね。

11/15③

11/15②

11/15①

ひろさんに借りたルアーケースも空のまま虚しくタイムアップ・・・・・・

この冬も通えるだけ通おう、山に極太食痕を求め。


さぁ、今週末はいよいよ遠征だ

15年度、補強個体紹介。

  • 2014/11/11(火) 09:42:58

ブリードの方はビン交換も終わって3本目に向けて妄想しつつ一息ついているころでしょうか来月にはまた詰めなきゃいけませんね。。う~ん早い


皆さまの補強記事を読ませて頂き、恐縮ですが僕も8月、9月にマツノさんより来年度に向けて補強をしていましたので簡単に紹介しておきます。あまり大した事ないですけど・・・・


**個体はすでに物置で越冬中ですので画像はまた後日**

13-4♂81㎜
13-4
マツノさんもいいラインだと言ってました。最後は同サイズで迷ったんですが偶然お会いしたちゅうひさんにアドバイス貰って決めた個体です。

13-46♂80.5㎜
13-46
この管理カード何かおかしいと思いませんかそう、見にくいですが18gから80.5㎜なんですよ凄い還元率(笑)
いや、実際は秋採れの幼虫を2本返しです。これはすぐに飛びつきました。何か秘めたポテンシャルを持ってるかもと僕の当たらない直感が疼きまして



軸はこの♂2頭と親友gatchさんからの里子11-8×11-5の驚異の85UP2頭の同腹ライン82.9とそのラインの2♀と自ブリの♀2~3頭ほどの構想です。




続いて♀。

13-2♀52㎜
13-2
王道の若い番号。不全の少なそうなラインかな。

13-13♀53㎜
13-13
この個体は半分強引にマツノさんから奪ってきました。どうしても13-13が欲しくて販売前から電話で何度も何度も口説いたんです(笑)なぜかというと11-1112-12って使ってるから単純に13-13が欲しくて・・・・血統背景聞いてビックリでしたが

13-37♀53㎜
13-37
これも販売前から目をつけていた番号です。兄弟の♂が軒並み体重乗ったラインですが不全、★が多かったようです。どちらかと言うと異色の血統背景かな。あんまり良くわからんけど(笑)これは4番とペアリング確定です。


13-41♀52㎜
13-41
何となく綺麗でスラッとしてたんでお得意の直感で選びました。



予定では8ライン130~150頭位にしたいかな。外産もありますし、正直200オーバーは僕にはきついです。まぁ、予定は未定ですけどね(笑)


マツノ久留米仲間のmindさんにそれぞれの血統背景は教えてもらった(凄い知識)のでペアリングも昨日1時間ほどで決めました。


と、いう事でゲンを担い(なんのこっちゃ)で大好きなゾロ目の日で投稿してみました。以上(笑)

野望発動!!

  • 2014/11/03(月) 19:12:33

ご存知かと思いますが我が家にはオオクワ(マツノ久留米、自己採集4産地)の他にヒペリオンSSPという低温外産種がおります。


クワガタ飼育を本格的に始め、色々とブログやネット徘徊、書籍などに目を通していると、とてつもなく惹かれる種がいたんです。


繊細かつ大胆、力強さも持ち合わせ、尚且つ何とも言えないワインレッドの色合い。いつしかこいつを飼育してみてぇなぁ~と強く思うようになりました。


11/2(日)、ある荷物が届きました。それがコレ


ボーリン①






その正体は・・・・・・・・


ボーリン②


ボーリンフタマタクワガタ(Hexarthrius bowringi)です。あるトップブリーダーさんにお願いしていましてやっと幼虫を分けて頂くことが出来ました


さて、この種の特徴として
①比較的低温種
②短命ゆえに羽化ズレでブリードアウト
③産まない、孵らない(個体差がかなりある)
④産卵材の選り好みが非常に激しい

等々と、ブリードに関してはかのクワガタ界の最高峰ウエストウッディに並ぶ最難関種と位置づけれています。それ故にブリーダー泣かせの種ですから中々市場には出回らなくて、諦めていたところ、まさかの分けてもらえるとのメール!!感激です。


なんで手を出してしまったんでしょうね(笑)でも、♂はとにかくカッコイイです。75ミリを超えてくるとド迫力のアゴとワインレッドが相まってカッコよすぎます。当然、無事に羽化すればですが


このボーリン、我が家に9頭到着し、とにかく安全に羽化して貰うためにマット飼育を選択し、ヒペリオンSSPのいるスカスカの冷やし虫家22度で飼育開始です。


3~4ヵ月後の交換がとても楽しみです。


こちらの経過もヒペリオンと合わせて随時更新予定です。