スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新規ポイント回り。

  • 2013/06/30(日) 12:40:24

山井6年越しの偉業達成調子は決して良くないがホントによーやったあの6年前の日本シリーズ、本人は相当悔しかっただろうが落合監督の非常なまでの勝ちに徹する野球観に従ったわけだ。『病い(山井)は気から』なんて言われるくらい繊細なピッチャーだが今回は見事己の力でもぎ取った。いやー感動した


さて、昨日の採集で僕がフィールドからもぎ取ってきたのはこれです
本日の戦利品
まだ命名はされてません。

『次回も必ずがもはや挨拶となりつつあるセーケンさんと21時からお互いに宿題としていたポイントを探しに行ってみようということで早速出かけた。道中では相変わらずクワ談に花が咲くけどいったいなんでこんなに話題があんだろうって思います(笑)ブリード仲間の方とも電話だとついつい長電話になっちゃいますしね僕もだけどみんなクワガタ好きなんだよね~


まずは、二人共気になっていたポイントへ行くと先客が・・・・・・ですが我々のガチ装備に引いたのか足早に撤収しちゃった(笑)スイマセンでした

幸先がよくノコ、コクワがいました。
コクワ

セーケンさんのブログでも書かれていましたがどうやら僕は落ちたのを拾うのが上手いらしい(笑)あくまでも拾うの限定ですけどね(笑)ということは専門分野は採集ではなく採拾ですね


そんなこんなで、どんどん移動してなかなか良さそうなところにノコが結構ついてました。
ノコペア

赤ノコ

上のペアでいたのを頂戴してきました。もちろん観賞用ですが


いいサイズのコクワ
セーケンさんが採集したコクワ、現場で見たらものすごく大きく見えて僕はシェンクぐらいあるんちゃいます』と本気で言ってましたし(笑)


結構なポイントを回って時間はすでに日付が変わり1:30、そろそろ本日は撤収ということで『次回も必ずと毎度の挨拶を交わし、僕が持参したお互いの共通する音楽をかけて盛り上がりながら帰路につきました

夏の間にあと何回樹液採集行けるかな??うーん考えるだけで楽しみだ(笑)


ちなみに本日のBGM(ダイムバックダレルR.I.P)
パンテラ俗悪

スポンサーサイト

飼育数確定そして強力な援軍。

  • 2013/06/27(木) 14:20:27

さぁ、オールスターまでもう少しドラ含めセリーグ下位4チームしっかり食らいついてもう少し面白いペナントレース期待してまっせ浅尾もそろそろ1軍合流かな。相変わらずオレと正反対のイケメンだわくれぐれも無理はいかんで、吉見みたいになるもんで気を付けやーよ。


前置きを書く余裕が少しできました(笑)先輩ブリーダーである首都圏久留米党のpaxさんkazさんからの強烈な援軍に続き、またまた強烈援軍が我が家の部隊を支えに来ました。
クワ友さんダイトウさん、gatchさんより久留米幼虫が馳せ参じてきてます

ダイトウさんより
ダイトウさんからの援軍

ダイトウさん援軍
shimaさんブリードからの個体でダイトウさんの久留米1番ライン81.7(85.7同腹)×51.9(84.4同腹)です。あれこれ説明する必要のないであろうshimaさん久留米最高峰ラインです。


gatchさんより
gatchさんからの援軍

gatchさん援軍
4月に3人でマツノ訪問時に腰を抜かしそうになった(僕は腰を抜かした)衝撃の個体86ミリ同腹からマツノアウトライン(11-8×11-5)の個体を援軍してもらいました!!こちらも久留米党には説明不要なマツノさん最高峰ラインですよね。
おいおい、こりゃ4名から援軍がすごすぎるじゃねぇか・・・・・援軍だけでお腹一杯になりそうだぜ

大型は久留米オンリーな自分としては、自己ブリを含め本格飼育初年度からなんと豪華絢爛な布陣になったもんだなと思います。援軍してくださった方々には『ありがとうございます』という言葉では言い表せないほど感謝しております。そして、何よりすごく楽しみが増えました

長々と引っ張りましたが今期の飼育数がやっと把握できました。ドタバタしましたがなんとか予定通り6月中に全頭1本目に投入完了です
結論から言うと“かなりの数になってます


自己ブリ
福島A→15頭
福島B→10頭

久留米A→51頭
久留米B→36頭
久留米C→42頭

援軍
久留米P(paxさんライン)8頭
久留米K(kazさんライン)18頭
久留米D(ダイトウさんライン)4頭
久留米G(gatchさんライン)5頭





の総勢189頭スタートこの数字には何より私本人が一番ビビってます(笑)

簡単な飼育数に関して心境の変化
50~80位かな(久留米1ライン予定だった頃)

80も100も変わらんな、保険で1ライン追加すっか(1月にマツノさんでメス購入)

100ならあと1ライン増えても産まないのもいるだろうし、まぁいっか(4月にマツノさんでまた購入)

130でも楽しみが増えるし特に問題ないな(援軍のお話をいただいた時)

オラァ、もうまとめて全部面倒見たるわい!幼虫、でてこいやぁ(割り出す度に爆産の末、壊れかけて高田総帥風に)

来期は頭数の問題とかじゃなくもっとしっかり考えてブリしようと決意、どうにもならん事もありますが(今ココ)


久留米自己ブリの3ラインは里子で少し貰って頂き、プリンカップでも少し落ちたとはいえ揃いも揃って大爆産。Aラインなんて一番齧りが悪く、『怪しいなぁ、ダメかも』と思ってたのが結果60(1日2個以上の産卵)以上幼虫が出てきましたし、前々回の記事でも書いたように齧りだけでの判断では何とも言えず割ってみないと結果はでない、という事が改めて分かりました。ですが、採れてしまった幼虫たちには罪はないわけですし飼育者の責任としてしっかり育ててやりたいなと思います。


これで2本目の準備をするお盆過ぎまで暇になりましたので暫くはハマってしまった採集の方に力をいれていこうかな。

樹液を求め夜のフィールドへ。

  • 2013/06/23(日) 20:08:03

え~今回は現場の画像はありません。行く先々でカメラを車から持っていくのを忘れたためです。スイマセン・・・・・替わりに臨場感溢れる画像と解説は一緒に行ったセーケンさんのブログを見て頂くと昨日の一部始終がわかってもらえます。
昨日は夜間樹液採集となった。セーケンさんと『次回も必ず』と言って解散した前回の約束が昨晩のことになります(言い回しが分かりにくっ)。

結論から申しますと成果はありましたがハッキリ言ってセーケンさんにすべてお膳立てしていただいて“ハイ、どうぞ”的な感じで経験のなさ(飼育もですけど)を痛感しました。それでもすごく楽しめましたけど
時間があるときにはどんどんフィールドに出かけて行きたいです


一応、河川敷のヤナギで捕獲し持ち帰ったヒラタ2匹がこちらです。小さくてもガンガン威嚇してくるのがいいですね。お嫁さんがいませんから当面は癒しの観賞用にします。そして1匹は我がブリード助手Kがいたく気に入りまして実家のブリ部屋ではなく我が家のリビングでの飼育となりました(笑)ちなみに名前は『ヒラ男(ヒラオ)』らしいです・・・・・・ヒラ男くんは左のヒラタです(笑)

持ち帰ったヒラタ×2

我が家で飼育


今日の記事は少ないですがここまでとします。セーケンさんとはまたしても『次回も必ず』といって深夜のバイパスをぶっ飛ばして帰路に着きました次は現在急ピッチで進めている1本目投入にやっとこさ目処がつき、なんとか今期の飼育数を発表できるかなぁ。

援軍紹介と割り出しまで終えての考察。

  • 2013/06/20(木) 15:16:37

我が街名古屋もやっと梅雨らしいジメジメした気候になってきました交流戦も終了しパリーグの強さを今年も思い知りましたね。ドラがダメならセリーグ、もうちっと頑張れ


前回の記事で多大なる反響を呼び、思わぬ形でブリード助手となった嫁Kが非常に出来がいいです
ゴキブリアリなど平気なやつですので当然ですが幼虫成虫ともに触ることに全く動じません。挙句の果てに『幼虫とかデカい方がプニプニしててカワイイよね』とか言い出す始末。俺にプレッシャーかけるんじゃないまっとれ、プニプニの30g出したるわい(笑)



ドタバタ記事の反省から平日少しずつ割出しをしていまして9割がた出揃ってきてます。並行してマット管理で少し経った幼虫を投入していってます。こちらはすべて1本目投入できましたらライン数ごとの飼育数をまたお知らせしたいと思います。


今回はpaxさんからの援軍に続き、首都圏久留米党YG大好きかつ女性ブリーダーの素質満載kokoちゃんの生みの親kazさんからの援軍紹介です

我が家のラインとは従兄弟、腹違いの関係になるマツノ久留米ラインです。いずれも素晴らしい種親からの個体ですから期待しない訳にはいかないですね。

kazさん援軍
特産品中身
めちゃカッコいい両面カラーの証明書まで入ってました!!4ラインですので4枚いただきました
血統証明書表
血統証明書裏
証明書4枚分



割り出しも何とか形になり、結果として久留米3ラインとも爆産40匹前後の数字をたたき出す一方で福島2ラインとも10匹ちょいと惨敗に終わったと言えますそこで足りないオツムを回転させブリード日記帳と照らし合わせ僕なりの考えを箇条書きで書いていきます。
先輩ブリーダーの方々はそんなこともう知ってるし、当然だろと思われるかもしれませんが何せ全てが初めてですから記録としても残しておきたいんです。

堅い材は成績が悪い。当然割出しもすごく辛い。
他のカワラ材は使ってませんが使用したTPさんのカワラ材からの幼虫は通常のホダ木に比べ平均的に大きくツヤがあり、食痕がすごく綺麗であった。
湿度はベタベタでは絶対にダメ。産卵木をマットに埋めるならマットは無加水位がちょうどいい。保湿性のいいケースでは乾燥気味かな程度で十分。
派手に齧っているからいいという事でもない。実際カワラ材はどこにそんなに産んだのって思うくらい見た目は齧ってなかった。
セット前のゼリーの食いはあまりアテにならない。福島はバカバカ食ってた。
4週間放置は爆産の危険性あり(笑)
見すぎも良くない。真っ暗で静かなところでエサ替え以外は放置。
産地により産卵に適した温度帯があるかも?



これはあくまでも我が家のブリードで出た僕の考えですのでお間違えなく。もちろん他の方の意見があればどんどん教えてもらいたいです
惨敗した福島の問題は。ペアリング~産卵セットまで久留米、福島ともにほぼ同じ環境にてブリードしました。ペアリング24~25度で産卵セット27~28ここに注目。
久留米はご存じ九州福岡、福島は東北。オオクワの生息地としてはほぼ真南真北に位置すると思いません
ということはこの27度というセットの温度は福島にとっては高すぎたんじゃないかなと・・・・・・・セットした個体はF2ですからどちらかというとワイルドよりですしこの温度帯産卵に適していなかったとも考えられます。逆に久留米にはぴったりハマった形になったような気がしてならないんです。

♀は産んでるので本当は福島を24度くらいでセットし直してみたいのですがこれで爆産でもされたら困りますし来期の課題にしたいと思います。
個体差で済ませてしまえばそれまでですが来期は久留米福島の温度を分けてやってみたくなりました。検証が増えて楽しくなります

割り出し開始、だが・・・・。

  • 2013/06/16(日) 23:20:36

宣言通りこの週末で割り出しを行いました。

本日16日PM2:00・・・・・・( ゚д゚)ハッ!、何故か俺はブリ部屋で割り出しをせず菌糸ブロックを崩して詰めていた(笑)この下り結構気に入っちゃってます。


なことは置いといて簡単に経緯を説明しますと、まず今期1本目として用意した菌糸ビンは昨日入手したマツノさんのオアシス18本を含め1301ブロックは予備で保管してあり自分ではかなり頑張りましたねこの数字は。


本数はアバウトなところがありますが以下の流れ。
・試し産卵組に使ったったのが16本投入済み(残り114本)

・先回の記事でpaxさんより援軍として頂いたのが10匹(残り104本)

・15日の福島産割り出しAライン12匹Bライン12匹と意外と少ない(残り80本)

・16日午前中kazさんより割り出し前からお約束していた援軍4ライン20匹到着予定(残り60本)

・15日福島割り出し後、久留米Cライン割り出し・・・・・・・・怒涛の47匹!!(残り13本

・久留米2ライン残して残り13本って『エッ、全然足らんがや』慌てて16日午前着でブロックを注文する。

・割り出しを中止して仕事が休みだった嫁も巻き込んで実家へ行きブロック詰めとラベル管理、割り出してしまった幼虫たちの一部と援軍の投入を並行作業。←現在ココ。



結論から言うと俺の考えが甘かった。福島を割っている時に2ラインとも調子が悪くて腐った卵、茶色くなった卵、孵化してすぐに落ちたっぽい幼虫、などが出てきて薄々感じていた『ビンが足りるかな?』って感情を誤魔化していましたそれを見透かすように久留米の大爆産襲撃


スペースとか飼育数とか費用の問題じゃなくて自分の読みの甘さ、妥協をしたことによる予定変更を余儀なくする事に本気で萎えました悩みがなさそうなタイプと言われますが結構ナイーブなんですよね(泣)

そんなこんなで割り出しは詰めた菌糸が回ってくるまでは来週以降に持ち越しです。

ここからは割り出し風景をご覧下さい。

福島のセットの爆卵棒からは結構大きくなった2令が少し出てきました。菌糸を食ってるから成長が早いのですかね?


福島A
爆卵棒に潜んでいた幼虫。割り出しはカワラの被膜さえ取ってしまえば楽でした。
福島爆卵棒

下の画像はいずれも爆卵棒からの幼虫。
福島A


福島B
たぶん11匹だと思います。追加でマットから1匹回収。
福島B

で、爆産の久留米C(マツノ11-20)
ターニングポイントさんのカワラ材1本から22匹。これは過密状態で材がスッカスカになってました(笑)

久留米Cカワラ材

出るわ出るわの20匹オーバー。
久留米C1本目


もう1本から15匹。
久留米C2本目

残り材とマットから12匹とで漏れがなければ計47匹。


急いで注文したドルビーインセクトさんのPIT。
undefined

嫁に詰めるのを手伝わせ僕は鼻くそほじりながら見てました(笑)ウソです、分担作業して8ブロック+予備1ブロックを1時間半でやっつけましたたっけーバイト代むしり取られましたよ(;一_一)
undefined


本来ならこの記事にて今期の飼育数がおおよそ分かるはずだったのですが一筋縄ではいかないですね~~

こんなに爆産なら、こんなに読みが甘いのなら・・・・・ブリードなどいらぬ!!(サウザー風に)


えー、ブリードは当然辞めませんがもう少し計画性を持ってやらんといかんですね。結構計画してたんだけどなぁ・・・・どっちにしても正確な飼育数の把握はもう少し先になりそうです。いい経験になりましたわ

次回記事は援軍の紹介にします。では

援軍到来。

  • 2013/06/14(金) 21:57:09

暑い・・・暑すぎる

梅雨なのに雨は降らず。そして我が街名古屋はドラゴンズ低迷っぷり且つ激サム状態とは真逆ともいえる気温の上昇。一昨日(13日)は6月としては記録的な最高気温35度オーバーを記録して早くも真夏の到来か


そんな中、非常にホットな宅急便が届きました
paxさん援軍

仕事終わりに実家のブリ部屋で成虫のエサ替えをしていたところ。
母ちゃん『あんた~~宅急便が来とるよ~山の幸だって!!』
masa『あ?山の幸??違うてオオクワの幼虫だて(笑)』
母ちゃん『あ~言われりゃ確かに山の幸だわね。』
masa『だろ、最高の山の幸だぜ!』

とたわいもない親子の会話をして早速オープン。

ゼリーに埋もれてる
ゼリーがいっぱい入ってるんですが・・・・・かき分けていくと

久留米P1

久留米P2


そう、オオクワの幼虫の送り主は首都圏久留米党のpaxさんから久留米の援軍をいただきました。

paxさんより打診していただいた時にまだ割出していないし、何匹採れるか分からないので僕の『とりあえず10匹でお願いします』というのを快諾して頂き2ライン送っていただきました。
マツノ久留米に魅せられ、今年は本格的な飼育初年度にもかかわらず大先輩からの援軍に非常に興奮しております


週末ですべてのラインを割出してライン数ごとの幼虫数を把握します(いったい何匹になってんだろう??場合によっては既製品も考えにゃいかん)。
ですので今回は援軍到着の報告のみとさせて貰います。たぶん日曜夜にアップする割出し記事を乞うご期待下さい(コメもその時下さいね


この火照った体を冷ますために今からジョギングしてきます(笑)ジョギングしだしてからすこぶる体調がいいです

いざフィールドへ!!

  • 2013/06/09(日) 22:15:56

皆さん、クワガタ好き??

聞くまでもないか(笑)僕のブログ(大したことないですけど)を見ていただいてる方は特にオオクワブリードをしてる方が多いと思います

もちろん僕も昔から昆虫好きでした今はオオクワにどっぷりです。ブリ部屋にいるオオクワももちろんいい。ブリードする楽しさ辛さ初年度ながら大いに感じています。そして、ブログを通じて知り合えた方もいてオフ会もでき、オオクワブリードが本当に充実してます


でも・・・・・・・ブリードをしてる過程である気持ちがデカくなってきているんですよ。それは『クワガタたちはどうやって生きているんだ?どんな所に住んでいるんだろ?幼虫って実際どんな朽木を食べてるの?マツノさんで聞いた採集話とか面白かったなぁー』こんな風に思うようになってきてるんです。要するに『取りに行きてぇなぁ』ってこと(笑)

僕の性格である思い立ったら何とかして行動に移したい。だが、どうすればいい
闇雲に行ったところで何年経っても採れるわけがない、ネットでは活きた情報なぞ皆無、そもそもどういった場所にいるのか?さて、どうすっかな~?答えが出るのに時間はさほど掛からなかったですね。
ブログリンクさせてもらっているクロノグラフセーケンさんはかなりの採集好きで割とご近所自称都会っ子の僕は田舎にある親戚の家の裏山でカブトムシやコクワガタくらいしか採ったことない素人だけど思い切ってお願いしてみたら採集に同行することを快諾いただきトントン拍子で話が進み本日の採集日を迎えた。セーケンさんありがとう


何度かメールで綿密なやり取りをし、出身地が同じであったり、音楽の趣味が一緒(メタルバカ)であったり、もちろんクワガタ好きということで初めてお会いするんですが、なぜか親近感がありました。こういう感覚は親しくさせていただいているブリーダーの方も同じですよね共通の趣味だと打ち解けるのが早い早い(笑)
待ち合わせ場所まで40分少々、胸躍らせながら車を走らせ、無事合流しセーケンさんの車に同乗しガッツリクワ談をしつつ目的地まで向かった

で、狙いは『特になし。』(採集というものを体験したいという思いのみ)。そして本日はセーケンさん秘蔵の場所に案内していただけるという事で早速森に突入。

実はこの日の為に日頃運動不足でなまった体を2週間体力作りとして密かに夜な夜なジョギングしてました(笑)ダイエットも兼ねてとか言ってバカでしょ~~


では、masaのフィールド体験記、画像と解説でお楽しみ下さい。

まずはセーケンさんが道具の下準備。
セーケンさん下準備


早速コクワの♀がお出迎え。
コクワ♀


続いて奥に進んでいい感じの立ち枯れがありましたがこれは割らずに観察のみ。割ってしまうともうこの木が使えなくなると判断したためです。
いい感じの立ち枯れ


何かの白骨・・・・人間でないのは確かだが(笑)果たして正体は
何かの白骨


木のウロに黒い物体がいたので『セーケンさんなんかいるよっ』って、脚立を使って調べてもらったが中の住人はG(ゴキブリ)とキマワリ
ウロを調べる


そしてこれが秘蔵の場所です。ゴツゴツしたクヌギがそのポイントだけに集中してありました。
秘蔵の場所


その場所の1本、まだ樹液がすこーし出てるかな程度で今後に期待です。
樹液


朽ちて下に落ちている材だけオノとナタで削っていくと多分コクワかスジの3令が出てきました。ブリードでオオクワの幼虫を見てるけど現場だとテンション上がって全部オオクワに見えるわ(笑)まだまだ経験不足ですな
幼虫


これも秘蔵の場所にあった立ち枯れ。もちろん観察のみです。ニクウスバタケではないかとのこと。
masa『これがニクウスバタケですか、いそうですか?』
セーケン『いるかもしれんけど大事な木なのでここはやめておこう。』
masa『そうですね。』
セーケン『樹液がもう少しで初めたらリベンジだね!』
こんな会話をしつつ移動を含め約7時間ほど探索しまくりました。
立ち枯れ

結論から言うと、そんな簡単には採れない!!採れるはずがない!!ってことが分かりました(そりゃそーだよね)

初フィールドはブリ部屋とは違う五感をフルに使って非常に有意義な時間を過ごせました。

セーケンさんには僕が手違いで沢山頼んでしまった使うあてのない菌糸ブロックと我が家のkazさん(kazさんに承諾はいただきました、ありがとうございます)ブリードの種親から採れたマツノ久留米幼虫を差し上げ、採集を終えセーケンさんとラーメンをすすりながら次回採集の約束もして、どれだけ汗をかいたか分からないであろう汗臭いTシャツと心地よい疲れと共に家路につきました。


一言、『楽しかった。』

菌糸詰めpart2、そして解禁。

  • 2013/06/02(日) 23:19:55

割り出しは2週間後それまでに何としても菌糸を詰めておかないといけない、逆算すると今週末がタイムリミット

しかし、土曜の夜が明けて本日6月2日は朝から実家のブリ部屋にいるはずだったAM6:00・・・・何故か俺は雀荘ビールを飲みながら牌を握って卓を囲んでいた

ふと我に返って、『あっ、オレ何やってんだぁ~~全く予定通りじゃないがや(`・ω・´)』実は1日土曜日、仕事が終わって後輩の結婚披露宴二次会に出席し、そそくさと帰る予定が『接待しますからやりましょうよーー』と悪後輩にそそのかされ気がつけば半荘10回戦と訳のわからん事をしてしまっていた


過ぎてしまった時間はもう取り戻せない、しかも本日午前着にて菌糸ブロックが到着し詰める予定日にしていた。そこまで予定しておいて自分の意志の弱さに泣いた。


泣いていても始まらないので、雀荘から直で実家へ行き軽く仮眠をとって菌糸が11時頃到着したのでまだ酒の残る火照った体と極度の睡眠不足の体に鞭打って詰めました

詰める菌糸はこれ
ブロック1
ブロック2
今更必要のない今やブリーダー御用達の神長きのこ園S4、S3M、S2合わせて14ブロック

前回の菌糸詰めであまりにも時間がかかったので何か簡素化できる事はないか考えていたところトップブリーダーの方の記事を参考にし実践することにした。
①ビンのアルコール消毒はしない(当然事前に綺麗に洗浄済み)
②白い皮膜はあまりにも大きく目立つものだけ省く(ブロック崩しは使わない)
③あまり堅詰めはしないで詰める(前回比-8%程度)

上記、3項目を取り入れ黙々と詰めていくがやはり時間がかかる。途中で何度か落ちかかったわ

結局、14ブロックで5時間半掛かり終了それでも前回よりは短縮できたし体調のことを考えるとまずまずじゃないかな
詰め終わったビンを並べる気力など1ミリも残っていないなかったので何本詰めたのかこの時は把握してませんでした(笑)
詰め後

そしてまたまたふと気づく、もうこの詰めたビンの菌を回すスペースがない・・・・・・・
何を思ったか僕はおもむろにかつて自分が住んでいた部屋に設置してあるエアコンスイッチボタンを押し温度を25度にした、そう題名の解禁とは勝手にエアコン使用をしたことです

その後、母親に土下座しまくって夏の間だけということで渋々了解を得て晴れて自分の部屋からまさしくブリード部屋に昇格夏の間だけで済むんですかねぇ(笑)


今も落ちそうになりながら記事を書いてましたので所々おかしい感じがあるかもしれませんが今回はご勘弁をm(_ _)m


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。