スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種親起床!!

  • 2013/02/24(日) 18:27:58

大イベントであったマツノインセクト訪問の翌日より怒涛の19連勤という無茶ぶりのなか、実家のクワ部屋に足を運べてなく先週から成虫たちを越冬より目覚めさせるつもりだったのですが、いきなり予定通りいってな~い(>_<)でもモットーが“だがそれがいい”ですからね(笑)


今日はなんとか午前中で片付いたので午後から作業できました

まぁこの1週間の遅れは特に問題ないでしょと勝手に納得させてます。実家だとスペースはあるんだけどなかなか予定通りに進まないかもなーーと、しかしそこは燃え盛る焔の如く情熱で頑張ります!!


といっても今日は成虫たちのマットを7割くらい捨ててゼリーを入れて虫家に突っ込んできただけなんですが(^_^;)
とりあえず一頭も落ちることなく越冬成功したと思います。19度にセットして3月中に25度まで持っていきガツガツエサを食ってもらいます。電源を切ってほったらかしにしてある虫家にマットを捨ててゼリーを入れた成虫たちのケースを入れてコンセントにさしたら庫内温度9度『えっ、でらサムい、部屋よりも冷えとる、一気に10度の温度差大丈夫か??』と一瞬考えたけど時すでに遅し、ボタンをポチポチ押してセット完了(^O^)

まぁ19度に上がるまでに結構時間掛かるだろうからその時間差で慣れるだろとタカを括ってたらみるみる間に上昇しものの1時間で設定19温度到達、アチャー(笑)(こんなに高性能だっけ?もしや俺の心を見透かしてるのか?冷やすのはあんなに遅いくせに
虫家オン
画像はイミのない1時間後です。いきなり過酷な環境に放り込まれた成虫たちは無事にしててほちぃ(このネタ分かります?)


ブログ見させて貰ってるブリーダーの方たちも続々と準備なさってますね。出遅れないように頑張りマス

スポンサーサイト

渥美半島の聖地へ

  • 2013/02/18(月) 18:12:09

前回の記事ashtakaプレス製作レポートから一夜明け、昨日朝から嫁さん方の法事で豊橋に向かいました。
実はメインは他にあり、法事をそうそうに終わらせ自分はある場所へ鼻歌まじりで車を走らせました。

豊橋といえばヤマサのちくわ!ノーノーカレーうどん!ブゥーうずらの卵!コラ、無理やり間違えてるだろ・・・・すいません引っ張りすぎました。もうお気づきですよね

そう、久留米の聖地豊橋、渥美半島入口(なんか地名ばっかでよーわかんぞ)のマツノインセクトです。
案内看板

要塞入口

訪問は2度目であり最初はこんなところにマジで人がくるの?外見は煙突があって、なんか要塞がツタで覆われてるし、営業中の割に扉開けたら真っ暗(笑)だし、奥まで行くのに迷路になってるし、でしたが大間違いです。大げさですがここには夏場、近くの海水浴場並にブリーダーさんの波が押し寄せます。ほんと凄い!!

あらかじめ行くことを伝えてあったためインターホンで挨拶し、迷路の要塞をくぐり抜け2階の事務所へ。
商談室

お目当ては予算の都合もあり、マツノさんに用意して貰っていた何頭かのうちこのメス↓を購入してきました。
久留米メス
個体カード
潜って寝てたのを無理やり起こしたんで緊張しちゃってます(*^_^*)
マツノさんで初購入となりカードだと48ミリとなってますがどう測ってもそれ以上あるし・・・・まぁいっか。これで久留米は1♂2♀の2ラインで行きます。

マツノさんと奥様と40分ほど3人で世間話とちょっとだけクワブリード話をしてきました。
何度も行かれてる先輩ブリーダーさんはすでにご存じだと思いますが、マツノさん今年で御年80ミリ、あっ!間違えた・・・・80歳になられる(大変失礼しました)とのことでお体のことを心配なさっておられました。商売とはいえ久留米だけでも50ライン以上の管理、そしてガラス瓶のオアシス製作から箱詰、僕の歳でもしんどいですね。
外見は普通のおじいちゃんなんですけど(笑)何か惹きつけるオーラみたいなのが出てるんですよね~~だからブリーダーさん達にもすごく慕われてるし、できる限り長く続けてもらいたいです。


帰る際に『夏にまたマツノさんの元気な顔を見に来ますね』とお伝えして持参したケースに購入した♀を丁寧に入れて聖地マツノインセクトを後にしました。

ashtakaプレス製作レポート

  • 2013/02/16(土) 22:21:17

こんばんは。最初に今、あまりにも寒いので焼酎やりながら記事を書いているのでお見苦しい点があると思いますがご理解ください。

行ってきました。ashtakaさんに『今日、無給ボランティア行きますね!』と言ってあったので寒いですが気合で出発してさあ到着。挨拶も早々に外での作業。

ashtakaさんのブログに僕の哀愁漂う寝グセバッチリの背中からのショットがあるのでそっちを見てください。自分で自分は撮れんわ(笑)僕のレポートより詳しく書いてありますから(^_^;)

何をしたかといいますと主にプレス部加工をやりました。プレス部に穴があいてるのでそこに機械でネジ穴を作る。で、プレス部分がアルミなので頻繁にプレス部を替えるとネジ穴が広くなってくるのでそのネジ穴の補強でスプリングみたいなのを差し込む。

↓プレス部、ネジ穴加工済み。
プレス部

↓ネジ穴補強セット
加工

で、ashtakaさんが実際に1台組み立ててくれました。慣れた手つきで約30分見慣れたマシンの出来上がり~~
↓制作前(見りゃわかりますね)
組立前

↓完成!(これも見りゃわかるって)
組立後

合間にちょこちょこクワ談話し、このマシンの製作の経緯から試作機はコスト割れしてたこと(書いちゃっていいのかな?)そして設計にはかなり力を入れてたこと、今でも時給換算したら『コンビニのレジ打ちのがよっぽどマシだわな』とashtaka流ジョークも飛び出してました。それでも、欲しい人がいる、クワガタ業界が盛り上がって楽しくブリードできるならと製作続けるそうです、もちろんまとまった数がないとムリだそうですが・・・・。いや~ええ話やのぅ(^-^)


ということで約3時間半のashtakaプレス製作現場レポートをお伝えしました。今回の30台分、注文された方のプレス部には今日僕が作業した時にこれで詰めた瓶でデカくなれ~~と魂を注入しておきました。ノークレームでお願いします(笑)

おめでたいですねぇ~

  • 2013/02/11(月) 20:50:29

集合写真1

まずは画像から。そして私はどこでしょう??なことはどうでもいいですけど(´ω`)
昨日、親友の結婚披露宴に呼ばれました。まぁなんというかこの写真メンバーは中、高の6年間を男子校で過ごした男くっさい(笑)同級生でありもう20年以上も付き合いのある連中です。

この数年、披露宴も少なくなり久しぶりだけど気兼ねなく酒が飲めてバカ笑いできるメンバーはほんとに人生の宝だと思いますわ。こいつらと喋ってるといつも時間がその時にタイムスリップして何度も同じ話題で笑ってしまうんですよね。

新郎とは高校の頃バンド活動をかなり本気でやってたこともあり、その時の写真はあまりにもヤバすぎて(完全に放送事故レベル(汗))載せれませんが今も僕のクワ以外の趣味である相棒たちを少し紹介します。
相棒たち

左から、富士弦製セミオーダーストラト、ESP製M-2カスタム、ギブソンレスポールカスタム1984年製、ジャクソンキングVデイヴムステインモデル、一番左以外は10代の頃の汗と涙が詰まってるのでさすがに手放せません。傷だらけで状態も良くないですけどすごくいい思い出です。

まったくクワ話とは関係ないですけど親友の幸せを祝福します!!


最後に少しクワ情報です。リンクにありますpaxさんがかなり豪華なプレを開催されております。興味のある方はリンクからブログを見て頂きたいと思います。2/17まで応募できるのことです。

課題の温度管理

  • 2013/02/07(木) 13:39:57

実は私、そこまで本格的ブリードする予定はなかったんです。もちろんブログもやろうかどうしようか迷ってました。皆さんのような大型血統も我が家にはいないし、80ミリオーバー連発なんて世界はまったく無縁だと思ってましたし、ブログも先輩方のを読んで楽しんでるだけでした・・・・
自分はひっそりと昔憧れたオオクワを飼育できニヤニヤしてればいっかと考えてました。根暗だわ


で、師匠ashtakaさんから個人的にメールでアドバイスを色々貰い(飼育の疑問やクワ仲間を増やしたりするにはとか)、たまたま首都圏久留米党党首のチョネさんのプレに応募して見事kazさん協賛のマツノ久留米ペアが当たってしまい一気に火がついてしまったのです。はっきり言って自分でも想定外でしたよ、ホントに(当選したことと火がついたこと両方が)。


火がついたことと、この久留米ペアの子孫を何とか恥ずかしくないレベルで飼育したい!!との気持ちが膨らみクワガタ沼に足を突っ込みもう抜けられない状況に来てしまいました(笑)


現在実家の自分の部屋を飼育部屋として使っていて飼育環境はエアコンについては母の使用許可が出るか分からない、1台ある虫家は真夏の冷却能力が若干厳しい・・・・さてどうするかな??


ネットで何がいいかなと調べていたら偶然にも近所に住んでいた方が自作温室とクーラー、その他色々を丸ごといらないというので譲って頂きました。
それがコレ↓です。
クーラー
ファン
温室


上から三階松さんのクーラー、内気循環用自作ファン、スタイロの温室、紙袋の中は園芸用ヒーター、デジタル温度計、その他飼育ビンetcフルセットで頂きました。
外産ミヤマなどカワラタケ使用の低温種をメインにやっておられる方で飼育種を減らすために手放すことを考えたそうです。オオクワの夏場25度前後であれば部屋の温度関係なく余裕でいけると言ってました。ここに詰め込めば800ビン90本はいけるので予定としては今期は恐らく問題ないハズ。


最後に火がついてよかったんだと思います。設備投資にお金はかけましたけど何とか決めた予算内?でギリギリ収まってますし、何より思い切ってブログを始めてほんの少しですが共通の趣味を持つ方々と交流することができ凄く嬉しいです。


さぁ、役者は揃った!!いざ参るゾ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。