スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働の対価?

  • 2016/09/01(木) 09:41:38

相棒よりLINEメッセージが『幹部候補生募集』・・・・・・・若干名と謳っているけど実際にはピンポイントメッセージ。



ま、要は菌糸詰めやるぞ、と言う意味です。お互いの菌糸詰めを共同でやれば早いし、バカみたいな話で盛り上げってればすぐに終わるんで。



昨日は10ブロック、1時間ちょいで詰め終え仕事もあるので帰ろうとすると、ケースを2個手渡された。共同飼育と言う名目であるけど、ほとんど相棒に任せっきりとなっていたクワガタ。



ワインレッドのあいつ、ボーリンです。♂♀共に7月末に羽化し、活動開始し始めたので1ペア我が家でやってみろとSSP所長(セーケン氏)の命令が。



とりあえず、簡単なペアリング~セットまでの流れを聞いてビニール袋に今では入手困難なVN材2本(M'sさんその節はどうもでした)とセットでそそくさと家路についた。



激しくプレッシャーが圧し掛かるがやってみるか。1時間半の労働でボーリンペアを持って帰れるなんて光栄じゃないか(笑)ガンガン採卵してやろう!!



と、いう事でボーリン再挑戦です。経過は乞うご期待を!






現状オオクワはもう少しで掘り出し終わります。16年度の幼虫たちのボトルもかなり食痕が目立つようになってきました。ブロックも24ブロック届きます。あっ、来週は九州からあのカワイイキャラの方が来られるな~~楽しみです。
そして、今日は腰の違和感もなくなったので久しぶりにデッドリフト解禁です(笑)

スポンサーサイト

専用材到着。

  • 2015/12/09(水) 15:42:46

記事連投です。もしかしてブログを開設してから初めてかもしれないです。


オオクワの菌糸ブロックが届きました。12ブロックなのでちょちょいとやっつければすぐに終わるだろう。1400ボトルが半分ですから。交換は年末~年明けにかけてですね。あまりオオクワのラックは見てないけどどうなるだろう?


さて、本日は10月KOKのオフ会に参加した際、M'sさんとの会話の中で外産をやっていた頃のある物について問い合わせておりました。当初どうするか迷いましたがやはり思い切ってお願いすることに。M'sさんには快く譲って頂き感謝です。


で、到着したものがコチラ↓
VN材①


VN材④


VN材③


VN材②


そう、今では激レアアイテムとなりつつある産卵難関種御用達のVN材です。


実物のVN材は初めて見ましたが年輪がありません。所謂我々の使う産卵材、クヌギ、コナラとはかなり木肌の質感が違う気がします。そして良く朽ちているのか太さの割に軽いです。


何に使うかって?そりゃボーリンフタマタです。このVN材とコナラの2本立てで攻略します。


我が家は成虫になっているのが2♂3♀体制ですので何とか自己累代分位確保できるといいのですが・・・・・・その辺はフタマタ飼育の先輩、相棒セーケン氏と情報交換しながら進めていこうとかなぁと。

ついに羽化!

  • 2015/10/26(月) 16:56:57

今年も残すところ2ヶ月ちょっと、毎年1年が過ぎるのが早いですよね。今朝は冷え込んでました。昨晩からエアコンを暖房に切り替えです。現在オオクワは25~26℃です。もう少しこの温度で攻めます。



さて、我が家の外産種の一角、ボーリンフタマタクワガタですが当初9頭から1頭★となり8頭(内訳は♂4♀4)の内、マット交換後何度も上に上がってきて潜らなかった個体がマット表面で前蛹となり、慌てて人工蛹室に救出した♂が2頭いました。


そのうちの1頭がついに羽化しました!!飼育温度が21度位なので実に蛹期間が50日以上と長かったですがついにその雄姿を拝め感無量。


蛹はこんな感じです。
ボーリン蛹
蛹でもかっこいいなぁって相棒セーケン氏と話してました。確かに蛹もかなり複雑でカッコいいです。


そして24日羽化したと思われるのがこちら。
ボーリン10/24羽化
羽化したては更に赤みが神がかってます。アゴの形状といい最高にカッコいいです。最終体重が16.8gからでパッと見た感じ70㎜前後に見えますが怖くてノギスをあてるのは当分先ですね。



♀も2頭そろそろ羽化してきそうなので最大課題の羽化ズレは何とか回避できそうです。しっかりと成熟を見極めこの超難関種のブリードに挑みたいですね~

日浅く実現。

  • 2015/09/11(金) 08:59:21

朝晩はめっきり涼しくなり過ごしやすいです。ですが寒暖の差があるこの時期は例年温度管理に苦労しているので気を付けて行きたいなと思う今日この頃。久留米の2本目菌糸も昨日届き、既製ボトルとの比較を見るために自詰めは9ブロックのみ。



交換は品川オフ会後からボチボチ始めていくのでもう少し先。ですが、なんだか食痕の出が少ないような気が・・・・・・気のせいだといいのですが。密会で某関西チャンプのアベレージを聞いて早くも黄信号。



さて、我が家の低温種の一角であるボーリンフタマタですが当初9頭→8頭になり、こちらは何とか完品羽化までいって貰う事を願うばかりです。



我が相棒セーケン氏のお陰でフタマタ系の魅力に憑りつかれ我慢できずボーリン購入となったわけですがこの度、素晴らしいブリーダーさんに出会いセーケンさんと共同購入、共同飼育という形で6頭幼虫を譲って貰いました。そりゃ金なくなるわ(笑)

共同ボーリン③

共同ボーリン②

共同ボーリン①


丁寧に梱包されたスチロール箱を細心の注意を払ってSSPルームに運搬し、届いたばかりのKSP2もついでにちゃっちゃと2人で詰めました。



とりあえずは我が家の幼虫飼育で実績が出ているマット飼育でいこうと思っています。まずはブリードまで漕ぎ着けることが先決ですからね。購入したブリーダーさんから色々とご教授して頂いたのですが聞けば聞くほど非常に神経質な虫ですわ。細やかな観察が必要ですね。やはりボーリンの難易度の80%以上は成虫になってからってのが頷けます。




ちなみに今回の記事は相棒の記事のタイトルをパクってます(笑)

ワインレッドのマット交換。

  • 2015/08/17(月) 12:10:05

毎日厳しい暑さです。この時期は挨拶代わりに『暑いですね~。』ですから。ピークは過ぎたようですがまだまだ体調等には気を付けて下さい。


さて、盆休みは海に行って、酒飲んで、麻雀して、とまぁグダグダです。あっ、大和親分と地元の昆虫イベントにちょこっと参加してます。昨日は★ねぶ☆さんも来てくれました。詳しくはお二人のブログで。


オオクワは2本目交換までは特にする事もないし、4月にマット交換したボーリンフタマタが4ヶ月ほど経過したのでガス抜きしておいたマットを詰めて交換しました。フタマタ特有のゆっくりな成長曲線で3令からの爆発的な伸びに期待できるのか?


菌糸ではなくマットですから超大型は望めませんけどまずは累代に挑戦できるよう完品での羽化が最優先です。フタマタになる部分のアゴとワインレッドの個体が早く見たい。



5♂4♀(マイナス1で結局4♂)とうまくバラけてくれてますので何とか最難関と言われるこいつのブリードにチャレンジしたいです。でもセンスがねぇ~~(笑)

ボーリン8/13②

ボーリン8/13③
♀は7g後半から9g台まで。


ボーリン8/13①

ボーリン8/13④
♂は15g台から19g弱までと。ですが上記18.9gの幼虫が潜れずに瀕死の状態になってます。あぁぁ・・・・・何てこった。慎重に掘って、投入孔もしっかり余力あったし。残念だ。



こんな感じですがまずまずだと思います。ボーリンって何gあればいいのか分からん(笑)


再び21度の冷やし虫家でゆっくり飼育です。果たして完品羽化までたどり着けるか。お盆休みに唯一虫の飼育をした報告です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。