紅葉狩りならぬオオクワ狩り。

  • 2015/11/24(火) 09:01:05

11/22
採集記風。


23:30
車に飛び乗って向かう先は相棒セーケン宅、彼とは非常に波長が合うので今回AMGとしては2名のみの出撃となったが道中、他愛もない会話で盛り上がった。睡魔が酷くほとんど行きの運転を任せてしまったのは内緒にしておこう(笑)



8:00
採集スタイルに着替えさっそく山に入っていく。11月末とは言ってもまだまだ気温は高く、下草などもありかなり汗が吹き出す。今日も暑いなぁ・・・・・。


その場所に見切りをつけて少し移動して縦長に伸びるポイントを散策しようと2手に分かれマップと方角を睨めっこしながらジグザグに斜面を歩く。


尾根まで駆け上がる途中に

11/22①

11/22②

こんな樹液焼けした爆裂クヌギが所々点在し、ヤツの生息をすこ~し感じ材を探していく。




良さそうな材を見つけ
11/22③
詰まった食痕で一瞬ハッとするけど残念ながらコクワの2週食いみたいだった。カブトの幼虫も少し持ち帰りひたすら歩く。


相棒と連絡を取りながら『雰囲気がいいから午前中はこの一帯をくまなく散策しようぜ。』となり、斜面を昇ったり下ったりしながら進んでいく。


立ち止まって休憩すると汗だくの採集着に程よく冷たい風があたって気持ちいい。非日常的な感覚が最高だ。




2時間後

本命がいそうな材はそうそうある訳もなく、午前の部をどうしようかなと思いつつけもの道を歩いていた。少し先のある材が目に入った。フラフラと導かれるようにその材に行き、朽ち方をチェックする。

うん、悪くない、材の条件もいい。いるか?いないか?分からないが僕の好きな材だ。


一気にオノを入れ割っていくと少し荒いが太い食痕が出てきた。暑さも含め、心拍数上昇。割りクズを丁寧にどかし、その食痕の主を目指す。ほどなくすると大きな幼虫のお尻が出た。
11/22④

カブトか・・・・・・・2秒後、思考停止。待て、カブトのお尻に見えない。


このお尻サイズの幼虫はカブトかオオクワしか日本では考えられない。相棒に電話して『オオクワ出たと思う。』と驚くほど冷静に会話した。なぜかは分からないけど僕の中ではもう確定していたからだったか。


小道具を用意して慎重に取り出す。

11/22⑤
パールホワイトに輝く見事な大型3令♂のオオクワ。ここで一気に喜びを爆発させ、一人山の中で『よっしゃ~!』と叫んだ。



11/22⑥
カブト3令と比較しても遜色のない立派な幼虫。堪らない、感動する。



位置情報を送り相棒の到着を待つ間もチェックを続ける。
11/22⑦

11/22⑧

見えない部分でかなり質量のある材だったので所狭しと食痕が次々に現れ、本命が出てくる。


ここで相棒が到着し、まだ紅葉には早い山の中で2人拳を突き上げた。その材を相棒とくまなくチェックし本命のたびに拳を突合せ追加した。その後、山のつきあたりまで歩いて下山し車まで道路を歩いて戻り、午前の部は終わった。時間は12:30。



午後の部に向けもう1本当てたいなと会話しつつ昼食を済ませる。



13:30
午後からは気温もますます上がって体力が奪われていく。めげずに歩くが成果がない。帰りの時間も考え、日が暮れてあたりも暗くなってきた16:00、心が洗われるような山の上での風景も堪能でき本日の採集を終了した。



11/22⑪
汗を流し、ノンアルコールビールと焼肉で本日の祝勝会。


11/22⑫
成果は画像の通り、コクワ、カブトも含まれているが本命と断定できるのは6頭。上のケースと下のケースの真ん中のデカイのから上が本命と思われる。


23:30
相棒宅に到着し、再びがっちりと拳を突き合わせこの冬の採集に向けて気合を入れた。





と、まぁこんな感じで楽しんできちゃいました(笑)次はどこ行くかな~

スポンサーサイト

今年2度目の高山種採集!

  • 2015/10/16(金) 13:21:33

相棒親分で連休最終日に今年2度目の高山種へ!!詳しくは二人のブログにて。


何やら僕は自分の意志ではアクセルもブレーキも許されないそうで(笑)
下のサイドカー乗車ってことみたい。ズッコケトリオはまさにこんな感じです。
トリオカー


オオクワのビン交換で手首を少しひねってしまったのでカチカチのブナ材と少しだけ戦いました。流石に現地は朝7時ごろ5度くらいでしたので成虫のルッキングはもう終わってました。


とりあえず親分が本命(ヒメオオ)採集できてミッションコンプリート!まさに俺たちのJUSTICE!お約束のように午後から雨が降ってきて余裕を持って終了。


ダイジェストで画像のみ。
10/12①

10/12②

10/12③

10/12④

10/12⑤


いよいよ来月下旬から平地の冬期採集シーズンインです。今年も坊主連発でしょうが地道に本命追っかけます。


明日、明後日と関西の方にあてもなくオノ持ってフラッと出かけるのでコメ閉じさせてもらいます。さーせん。

現地マジック!

  • 2015/04/20(月) 10:51:18

4/18(土)


リーダーひろさんシャーシャーな親分とでぶらり探索に出かけました。


日の出と共にぐんぐん気温が上昇し、まぁ暑い暑いぽっちゃり体型(笑)な僕はオノ振るたびに汗が飛び散ります。もう冬採集もいよいよ終わりだな。


下草もかなり元気がよくなって歩きにくくなってきてます。


現地に着き、準備をして突入。僕は始めて訪れるの地なので周りをきょろきょろ見ながら歩きます。どこもそうですが他の採集者も来てるようでしたね。程よく歩いたところでいい場所があり材もそれなりにあります。


散らばってチェックしてきます。ひろさんがいい食痕が出て追いかけていくもコクワ・・・・


立ち枯れにオノを入れると、いい食痕が出る。

4/18①
詰まり具合もまずまず。


4/18②
太さもまずまず。


4/18③
追っかけると蛹室になっていて、一瞬『キタかと思わせるも、出てきたのはピカピカの新成虫コクワガタ。


その後は散らばって歩いて探索するも、先ほどの場所よりもパッとするところもなく時間だけが過ぎていく。


午後からは場所を変えての探索。さぁ、そろそろ定番化しつつあるドラマの時間だな(笑)


ここも樹液木はそれなりにあるものの材があまりなくとにかく歩いてみようと前に進む。目標まで半分ほど歩いたところに倒木があり、叩けそうなところをチェックしてオノを入れる。


『おっ、まぁまぁいいんじゃない??』

食痕を追っかけていくとクルっとUターンした先に。
4/18④

それまでとは違う大きさの幼虫に大興奮。早速取り出すと。

4/18⑤

本命であってくれ、本命出てくれという思いが強くて、現地補正がかかり悩むような幼虫でした。どうやろ?恐らく99%本命ではないでしょうが一応持ち帰ります。


ひろさんとも話しましたが見れば見るほど違う気がします(笑)



そんな訳(どんな訳だ)でとりあえず今シーズンの平地での採集は今回で終わりとします。暑すぎます。あとはシメでブナ帯に行って洗礼を浴びて来るだけです。


さて、ブリードの方も頑張るぞ

何度目かのリベンジ。

  • 2015/03/22(日) 12:11:27

今回、採集記ですが実は私、フィールドのどこかでデジカメを落としてしまいました。せっかくの画像がパーになってしまいました。なので画像はIpadで撮影した分のみです。カメラよりも記録がなくなってしまったのが非常に非常に残念です。。


3/21(土)

ひろさん★かぶ☆さんと日帰り採集に行って来ました。

この地は○連敗中であり、今回も相当厳しいと予想していて、とにかく歩こうと車中で話し、ポイントを決めた。


AM6:00

集合場所にてブリ親友のmustarさんと合流。久しぶりの再会を喜ぶのも束の間、挨拶もそこそこに準備に取り掛かる。

コンビニで朝食、昼食を買い、時間短縮を考えた採集をしようとなった。

第1ポイント到着

2時間半ほど各自散らばって散策し、お互いに連絡を取り合い状況を把握できるよう進んでいく。そこではまともな材は1本、少しチェックしてもムシっけがないのでパス。

僕は朝の山は大好きです。幻想的でテンションを上げてくれるし(この地では何度もへし折られてます)、何もかも忘れ採集に集中できるんですよね。


第2ポイント到着

ここではmustarさんと共に行動し、ブリードの話などしながら材を探し、尾根を目指して歩いていく。

明け方はまだ肌寒く息も白かったけど、時間と共に気温も上がり、なおかつアップダウンの激しい山にいると汗だくです。平地採集もそろそろ終わりだなぁ。マダニも活発になってきてるし・・・・

そこそこの材ははあるものの決め手となる材もなく午前中が終わってしまった。

昼食(から揚げ弁当)を食べながら、4人で虫談話して午後に備える。この時点で内心は・・・・・


第3ポイント到着

車で移動し、良さそうな場所に入っていく。結構ムシっけがありヒラタっぽい幼虫とコクワはでる。ただ、肝心の本命は顔を出してくれない。

メンバーも苦戦している様子。誰か出してくれれば気が楽になるんだけど・・・なんて考えて歩いた。

時間も押し迫り、次のポイントに行こうとなって、3人が車に乗り込み次を絞り込んでいる所、遅れて僕も車に戻る途中、ある材が気になった。

理由は特になかったんだけど、何か気になって、少し待ってて貰えばいいかとチェックする。

硬い・・・・3発ほど入れると食痕が出る。コクワっぽくないなぁと思い追っていく。カチカチの材でオノを持つ手が震える。

それに反して食痕は太くなっていく。コクワの線がほぼ消え、心臓の鼓動が早くなる(笑)

これ以上はオノで割ると危険と判断し、小道具に切り替え少しずつ削る。5分ほど格闘すると幼虫のお尻が見えた。テンションMAXです。

ゆっくりと周りを削り取り、幼虫を回転させると・・・・・・静かにガッツポーズ。100%本命と分かる頭部の形と色、小さいけど3令♂です。

3/21①

『オオクワーー』と雄叫びをあげて、取り出した幼虫を手に皆を呼んで固く握手。やった!連敗ストップ、やりました。

その後、かぶさんが追加でを出してこの材はそれ以上は出なかった。

疲れも吹っ飛び、その後の散策に力が入るも追加はなく17:30、本日の採集は終了。



推定歩行距離15キロ以上と非常に疲れました。でも採れても採れなくてもやめれませんね、採集は。本当に面白い。


残念なのはこの地でも確実に我々採集者以外の手が入り、どんどん生息地がなくなっているのが毎回見受けられます。所詮、虫、されど虫、この辺は価値観ですから開発者には関係のないことですが辛いです。


ぎっくり腰をおして参加のひろさん、花粉症にやられまくってたかぶさん、単独運転で参加のmustarさん、お疲れ様でした。

新春初割!!

  • 2015/01/04(日) 11:44:25

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。



さて、昨年12月30日からテツ麻、連日昼から酒飲んでグダグダしておりました。2日もどこかにプラッと出かけようかなと思ってましたが雪だったので断念


昨日3日、AMGメンバーのひろさんケムさんとオヤビン事郡部の鬼豚さんと私masaでフラフラっとなまった体にムチ打ちに出かけました。

詳しくは皆さんのブログ記事を参照してくださいね。


27/1/3①
極太食痕の先には・・・・・本命いました。

27/1/3②
なんとケムさんが大歯の新成虫を!!完全に仮死状態で一瞬☆かとビビりましたがケムさんの必死のマウスtoマウスの人工呼吸で無事蘇生(笑)


かなり歩き倒して心地よい疲れと共に新年早々最高のお年玉をいただけ、いい日でした


さぁ、来週からはいよいよオアシス部隊の交換が始まります。いやはやどうなるか楽しみです。


それでは皆さま今年も良い一年でありますように。。