スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れていた材飼育。

  • 2015/06/22(月) 09:52:37

またまたお久しぶりです。そうでもないか(笑)


近況報告等色々ありますので本題に入る前に軽く書いておきます。

①産卵は全ライン幼虫採れてますが2ラインはかなり少ない頭数しか採れなかったので再セット、投入が遅れるのは仕方ない。一応今年は120~130で収まりそうです。次回記事でライン番号、割出し状況を書いていこうかなと思います。

②羽化状況は残り数頭に賭けるのみ。

③クワ友さんのkazさんが名古屋に土曜の夜から来ていて日曜にマツノさんへ菌糸ビンを取りに一緒に行ってきました。マスコさんも取りに来てみえてて少しばかり話ができて良かった。スーパーサプライズもあったりして凄くモチベーション上がりました。

④遠征採集に行ってきましたが厳しかったです。レンタルで灯火採集なるものを初体験しましたがミヤマ連発で本命は飛来してきませんでしたが面白かったです。ただ、これ以上マイマイガがいると僕は無理です。

さて、本題ですがこの記事約1年前になりますが採集したワイルド個体を材飼育しようという試みをしました。


材が相当フカフカになってたのでヨシ、自宅で材割りや!!


材飼育その後①

乾燥を防ぐために菌糸カスで埋め込んでおいたんですが相当乾燥しています。



材飼育その後②

手で割れるほどの柔らかさですので樹皮を剥がしてドライバーでホイっと削ると立派な食痕。


材飼育その後③

やはりオオクワの食痕はいいですね。パンパンに詰まっててコクワと違って品があります。テンションが上がってドキドキしながら掘り進めていきます。

材飼育その後④

材の反対側に続いていて断面付近にポコンと蛹室を作って♀がいました。おぉ生きてた。当然菌糸飼育と違って小さいですが無駄のない綺麗な個体です。幼虫も採集品なので限りなくワイルドに近い。

材飼育その後⑤

これがその主の食痕です。食痕マニアには堪らないですよ、これは。残念なことに♂であろう個体は途中で力尽きたのか食痕の先で真っ黒になってました。


今年もまだ去年の材が残ってるので自己採集ペアのブリードの何匹か材飼育しようと思ってます。


材はやはり埋め込んだ方がいいかな。それと何ヶ月に1回は水分の補給が必要ですね。相当材が乾燥していたので。次回材飼育記事の結果は2年後か・・・・・


今回からコメ空けさせて貰いますので♂じゃないんかいってツッコミのコメを(笑)

スポンサーサイト

ついに化けた!?

  • 2014/07/16(水) 20:52:03

すこ~しばかりテンションが上がってます


まずコチラの記事の採集記を見てください。そう、dapさんを含む6人で採集に行き、僕が台場に乗っている画像の記事です。


巻末に唯一怪しい初2令を持ち帰ったと書いてあります。詳しく説明すると、コクワっぽくないかなぁと思ってケムさん、ひろさん、セーケンさんに見てもらって『頭の色はいいねぇ』『ちょっと面白いかもね』といった感じだったんで楽しみにしていたんです。


コクワの2令かまさかのオオの初令かなぁと・・・・・

800ボトルに投入していて結構喰い上がってきてたんで掘ってみることに
4/19自己採集③
消してあるところは採集した産地が書いてあるのでNGとさせてもらいます

掘り進んでいくと、明らかにコクワと違うボディの太さ、慎重に慎重に進んでいくと頭部が見えコクワの薄黄色とは違う深い色と四角い感じが。

4/19自己採集②

ゴロンとボトルから出すと・・・・・『うぉ~~~、化けたぁ~~~~怪しいと持ち帰ることコクワ、ウン十匹ついに確定以外でオオになりました。しかもあの産地でっていうのがとても嬉しいな

4/19自己採集①

まだ白いのでもう少し伸びてくれるかな。


いや~楽しみです


次回は今期の飼育数が確定したので里子紹介と合わせて書きます。

自己採集個体羽化。

  • 2014/05/30(金) 09:40:32

交流戦ドラいいですねぇ。6連勝で借金返済とまではいきませんでした。あんまり褒めるロクな事ないので今日はこれ位で・・・・・・荒木の骨折が心配だ。


さて、産卵セットで頑張っている達は明日5/31をもっていったん休息して貰います。お疲れさまですと言いたいですが、それはしっかり幼虫が採れてればの話。

採れてない場合は時期遅れで再セットするかどうかは微妙です。

では、今回の記事はコチラの採集記で東北某県の原生林にて採集してきた人生初のワイルド幼虫(WF0)が羽化後1ヵ月半を過ぎましたので掘り出してみました。

掘り出しのマイルールとしまして、最低でも羽化確認後1ヶ月は触らないというのを義務づけています。実は固まる前の個体って繊細で扱いにくくて苦手なんですよね

共に3令での採集となりますので採集時より幼虫がそこまで大きくなってません。食っても大きくならないです・・・・・



早速のビンを掘るとものすごい勢いで飛び出てきました

ワイルド個体♀
サイズは44ミリ(最終交換時8.6g)。結構デカい。

続いて

ワイルド個体♂
おーっどうですサイズは64ミリ(最終交換時15.6g)と大型血統の足元にも及びませんが実にオオクワらしいカッコイイのが出てきて暫し感激して見とれていました。なんせ初めて自分で採集したペアですからね

この産地のペアは自己採集AMG血統として累代します。

我が家にはまだこの産地以外に3産地10頭ほどワイルド幼虫がいますので羽化後固まり次第UPしますね



一枚目にチラッと映っているプリンカップ。

プリンカップ200
とりあえず200個用意したけど使い切れるんかな(笑)とりあえず割出してから考えよ。

さて、来週から菌糸詰めだ。

新たなる試み。

  • 2014/05/07(水) 12:44:58

この記事は昨日(6日)にほぼ書き終えての投稿です。

GWミラクル採集を終え、5日はTPさんのカワラ材を引き取りにTPさんにてガッタさん、団長さん、ashtakaさんとお会いし、ファミレスでオフ会してました。


面白い話がたくさん聞けましたよ。ガラス瓶は異様にでっかくみえるとか(笑)クワ神様が降りてくれば大丈夫とかね(笑)


さて、産卵セットも組み終え投入は今週末と予定しています。自作カワラ材が思いのほか出来が良くて期待度満点です。こちらに関してはまた別の記事にてアップしますね


さて、タイトルにもありますように新たな試みとして昨年から計画していたプロジェクトを立ち上げました。オオクワ飼育と言えば=菌糸ビンと現在はこの図式ですよね。ですが、ここはあえて昔ながらの面白い事をやってみようと考えてました。


ズバリそれは『材飼育』


本当はブリードしている久留米でやろうと思っていたのですが【先日の採集】で運よくオオクワ2令が採集できたのでワイルドらしさを追求するためにはもってこいの企画です


使用する材はTPさんの仕入れに同行した際【コチラの記事の巻末参照】に持ってきたホダ木の極太材。

左が産卵セットに投入する2L材。何気に特Aです(笑)右の直径約2倍の極太材は加水済みです。
材飼育風景1

そして長さは約3倍。体積にすると約12倍以上(計算があってれば
この画像で見るといかにデカいかがお分かりでしょう。
材飼育風景2

まず裏側を乾燥しないようにラップでくるんで紐で縛る。
材飼育風景3

そこに材割り採集で採った2令幼虫を2匹準備。
材飼育風景4

ドリルで空けた穴に投入します。
材飼育風景5

3時間ほどで潜っていくのが確認できたため、こちら側もラップでくるんで紐で縛ります。全部ラップでくるむと酸欠になる可能性があると思うので真ん中の部分はそのまま露出しておきます。
材飼育風景6


この材をすっぽり入るポリバケツに入れて放置です。時々露出部分には霧吹きをした方がいいのかな・・・・このやり方があってるか分かりませんが色々調べたのでたぶん大丈夫でしょう。オオクワは成虫も幼虫も思った以上に強いですからね。


この幼虫は採集した時点で2令ですから昨年の晩夏に産み落とされ、冬を初令か初2令で越したと推測します。と、なると来年の夏には成虫になる予定ですから1年後の8月を目処に材を割りますがどうなってるでしょうすごく楽しみです。


自宅で3令の極太食痕が見れると妄想するだけでワクワクします(笑)我慢できなくなって途中で割らないようにしないといけないです


このカテゴリー(材飼育)の次回更新は1年後にしかできませんが忘れないでくださいね。


しっかり生き残っててくれよ~~


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。